暗号資産市場週間レポート(04.26-05.02)

イーサリアムが強気


まとめ:イーサリアムが非常に強い。ビットコインの市場シェアが継続的に下落、アルトコインシーズンは続く、そしてステーブルコインが大量の追加発行

・市場全体時価総額が上昇。

先週、デジタル資産の時価総額は上昇。19000億ドルから22230億ドルまで上昇、ビットコインは大幅上昇、最高値58800ドルまで上昇。


上位100位のデジタル資産はほとんど上昇。

先週のデジタル資産トップ100のうち94が上昇、6が下落。


・ビットコインの演算能力が上昇

ビットコインの週間の平均演算能力は約162.63 EH/s、先週と+7.3%上昇。


・ビットコインの活性度が下落、イーサリアムオンチェーンの活性度が上昇。

ビットコイン上の資金移動回数は+0.5%、平均アクティブアドレス数は+2.4%、平均取引額は-24.7%。

イーサリアムチェーンの平均取引件数は-2.5%、アクティブアドレスの平均取引件数は+1.1%、チェーンの平均取引額は+26.5%となった。


・取引所取引高は-19.6%減。

先週、当社が追跡した10の取引所では、取引高が週比-19.6%減少した。 Binanceは-17.6%、Bitfinex、Bitstamp、Coinbaseはそれぞれ-33.1%、-25.1%、-20.0%の変動となった。


・先物のオープンポジションは203億ドルに下落。

先物市場の取引量は週ベースで-31%減少、オープンポジションは約203億ドル。


・ステーブルコインは793億ドルまでに増加。

USDTは先週20億ドル増、USDCは31億ドル増、BUSDCは7億ドル増。


・イーサリアムが強気

EIP-1559の実装が近づいており、イーサリアムは非常に強かった。DeFi、NFT、一部のパブリックチェーンなどのさまざまなセクターも連れられていた。ビットコインの市場シェアは47.8%に低下しているものの、018年の最低水準である33.5%までには距離がある。予想通りに、アルトシーズンは続いている。 市場サイクルのピーク時に、ビットコインの市場シェアが前回のサイクルよりも低くなるとの予測が聞こえているが、シェアの数字を別にして、積極的に対応することが最も重要である。上昇する勢いが強すぎると、調整となるだろう。




*暗号資産市場に関連する、


法規制・取引所・プロジェクトの重要な動向、


また、価格変動・流動性などのデータは


有料コンテンツになります。




ご購入したい場合、弊ノート上にご確認ください。