暗号資産市場週間レポート(04.19-04.25)

税制上の変動予想


まとめ:市場全体の出来高は減少した。市場は米国の増税の影響を懸念している。イーサリアムは徐々に強い相場を形成している。 リバウンド後、アルトコインシーズンはおそらく続くだろう。

・市場全体時価総額が下落。

先週、デジタル資産の時価総額は下落。21546億ドルから19000億ドルまで下落、ビットコインは大幅安、最安48000ドルまで下落後、持ち直し。


・上位100位のデジタル資産はほとんど下落。

先週のデジタル資産トップ100のうち17が上昇、83が下落。


・ビットコインの演算能力が上昇

ビットコインの週間の平均演算能力は約151.62 EH/s、先週と+2.3%下落。


・ビットコインの活性度が下落、イーサリアムオンチェーンの活性度が上昇。

ビットコイン上の資金移動回数は-5.0%、平均アクティブアドレス数は-3.6%、平均取引額は+5.1%。

イーサリアムチェーンの平均取引件数は+9.9%、アクティブアドレスの平均取引件数は+19.0%、チェーンの平均取引額は+16.1%となった。


・取引所取引高は-7.7%減。

先週、当社が追跡した10の取引所では、取引高が週比-7.7%減少した。 Binanceは-7.7%、Bitfinex、Bitstamp、Coinbaseはそれぞれ-15.0%、-9.7%、+0.7%の変動となった。


・先物のオープンポジションは190億ドルに下落。

先物市場の取引量は週ベースで-4.7%減少、オープンポジションは約190億ドル。


・ステーブルコインは731億ドルまで増加。

USDTは先週19億ドル増、USDCは0.6億ドル減、BUSDCは16億ドル増。


・税制上の変動予想

先週の金曜日に市場は急落し、月曜日からのリバウンドも強かった。イーサリアムは強い相場を形成している。ビットコインの市場シェアは引き続き低下しており、Coinmarketcapでは51%に低下し、年初には約70%にとどまっていることを示している。米国は先週、高所得納税者に対する長期キャピタルゲイン税の税率を20%から39.6%に引き上げる可能性があると報告された。これは、一部の大規模な暗号資産保有者にも影響を与えると予想される。これらの保有者から売り切りにつながるだろうと、市場からは一定の反応があった。また、資産をDeFiなどの配分に振り向けることができるため、大規模な売却にはつながらないという見方もある。とはいえ、増税は長期的にはマイナスインパクトとはなるものの、短期的な市場への影響はそれほど大きくはないだろう。月曜日の市場の反応は、アルトコインシーズンが続くことを示した。



*暗号資産市場に関連する、

法規制・取引所・プロジェクトの重要な動向、

また、価格変動・流動性などのデータは

有料コンテンツになります。

ご購入したい場合、弊ノート上にご確認ください。