暗号資産市場週間レポート(01.25-01.31)

機関投資家はDeFi に対する関心が高まっている


まとめ:Defiコインはビットコインをアウトパフォーマンス。GME事件の影響を受け流動性が低迷。CMEでのイーサリアム先物のリストアップに注目。

時価総額が上昇。 先週、デジタル資産の時価総額は上昇。9,250億ドルから10,088億に受賞。ビットコインは大きく変動し、最高値は37,600ドル、最安値は29,900ドルとなった。


上位100位のデジタル資産は、上下交互。

先週のデジタル資産トップ100のうち49が上昇、51が下落。


・ビットコインの演算能力が僅かに上昇。

ビットコインの週間の平均演算能力は約149.88 EH/s、先週と比べ僅かに上昇、上昇幅は+2.5%。


ビットコインの活性度が上昇、イーサリアムオンチェーンの活性度が上昇。

ビットコイン上の資金移動回数は+5.1%、平均アクティブアドレス数は+3.7%、平均取引額は+5.2%。

イーサリアムチェーンの平均取引件数は+2.1%、アクティブアドレスの平均取引件数は+2.8%、チェーンの平均取引額は+4.9%となった。


取引所取引高は+14.9%増。

先週、当社が追跡した10の取引所では、取引高が週比14.9%増加した。 Binanceは+16.3%、Bitfinex、Bitstamp、Coinbaseはそれぞれ+19.8%、+23.4%、+6.6%の変動となった。


先物のオープンポジションは110億ドルに上昇。

先物市場の取引量は週ベースで+10.5%、オープンポジションは約110億ドル。


ステーブルコインは363億ドルまでに増加。

USDTは先週16.9億ドル増、USDCは3.6億ドル増、ステーブルコインは合計23.9億枚の増加となった。


流動性は不安なし

DeFi に対する機関投資家の関心が高まっている。 ビットコインは先週の土曜日にElon Muskがツイッターのプロフィールを変更したことで若干の上昇を見せたが、その後は反落した。DeFi トークン、特に上位ランクのトークンは先週に引き続き好調。ビットコインの不振は、先週のリスク資産の調整に関連している可能性がある。市場が下半期の流動性が低下すると予想した中、先週の「GME」事件で全体の流れを加速させたかもしれない。月曜日にリスク資産が上昇したものの、全体的な影響は未知数であり、特に潜在的な副作用の可能性については不明である。ますます多くの機関投資家/富裕層がDeFiへの関心を高め始めており、ビットコインから独立したDefiの開発を促した可能性がある。前号で予想したように、Altシーズンは続いている。CMEは2月8日に正式にETH先物を発売し、市場に大きな影響を与える。







*暗号資産市場に関連する、

法規制・取引所・プロジェクトの重要な動向、

また、価格変動・流動性などのデータは

有料コンテンツになります。

ご購入したい場合、弊社のノート上にご確認ください。