パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンとの紐付けに関する研究

本稿は、パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンとの紐付けについて研究した。ますます多くの企業がコンソーシアムチェーンを使おうとするようになるにつれて、将来的には、パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンの間、及び異なるコンソーシアムチェーン間に大きな紐付けの需要があると予測される。実現方法について、パブリックチェーンに基づいてコンソーシアムチェーンを構築することがより一般的なソリューションである。それによって将来、パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンの境界はさらに曖昧になるだろう。


近年、ブロックチェーン技術の継続的な発展に伴い、中国を含む多くの国がこの技術の重要性を徐々に認識し、国家戦略レベルからブロックチェーン技術の促進を支援してきた:2019年10月、中国共産党中央委員会は、ブロックチェーン技術の開発状況と傾向に関する第18回共同学習を行った;2020年4月、中国の国家発展改革委員会は、ブロックチェーンが新型インフラ中の情報インフラとして明確に定義された。このような時代背景では、ブロックチェーン業界全体が迅速に成長するだろう。


本稿では、パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンの紐付けの進捗状況を調査した。後述では五つの部分を説明する。一つ目はパブリックチェーンとコンソーシアムチェーンの現状である。二つ目は両者を紐付ける必要性である。三つ目は実行可能な技術的ソリューションである。四つ目は現在の推進の阻害に関することである。五つ目はパブリックチェーンとコンソーシアムチェーンの将来の発展についての考えである。


パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンの現状


アクセス権限から見ると、ブロックチェーンはパブリックチェーン、コンソーシアムチェーン、プライベートチェーンに分けることができる。本稿の研究対象は、パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンである。パブリックチェーンは非許可型ブロックチェーンであり、参加を希望するすべてのユーザーがそれに参加できる。コンソーシアムチェーンとプライベートチェーンは許可型のブロックチェーンに属し、相応的な参加条件があり、許可されたユーザーのみがそれに参加できる。


ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンプロジェクトに代表されるパブリックチェーンは、オープンアーキテクチャを利用しており、エコシステムに参加を求める全てのユーザーに許可される。主に非中央集権・分散化・及び検閲耐性の特徴がある。パブリックチェーンは、経済的インセンティブとガバナンスメカニズムを完全に設計し、エコシステム内部需給のバランスを維持するための価値交換を媒介――トークンを使用する必要がある。トークンのインセンティブで、参加者は自発的にパブリックチェーンの安全性と運用を維持し、パブリックチェーンのエコシステムの発展を積極的に促進できる。



これからの内容は有料コンテンツになります。

ご購入したい場合、弊社のノート上にご確認ください。